講師・カウンセラー紹介
  • 協会からのお知らせ
  • 図書室
  • アクセス
  • リンク集
  • 周辺観光

講師・カウンセラー紹介  詳細

大西 秀樹
大西 秀樹
■プロフィール

埼玉医科大学国際医療センター 精神腫瘍科
教授


略歴
1986年3月 横浜市立大学医学部卒業
1986年6月 横浜市立大学臨床研修医
1988年4月 横浜市立大学大学院医学研究科博士課程入学
1992年3月 同  修了 博士(医学)
1992年4月 藤沢病院精神科
1995年4月 横浜市立大学医学部精神科 助手
1996年5月 横浜市立大学医学部精神科 講師
2001年4月 神奈川県立がんセンター精神科医長
2002年4月 同 緩和医療病棟専任医師(兼任)
2005年4月 同 精神科 部長
2006年4月 埼玉医科大学医学部精神腫瘍科 教授
2007年4月 埼玉医科大学医学部国際医療センター精神腫瘍科 教授
現在に至る


専門・研究分野
サイコオンコロジー、臨床死生学、リエゾン精神医学


社会活動・主な所属学会
日本サイコオンコロジー学会(元代表理事、現理事)
日本臨床死生学会(常任理事)
日本緩和医療学会(評議員)
日本総合病院精神医学会
日本老年精神医学会
日本精神神経学会


著書・論文
「がん患者の心を救う(河出書房新社)」、
「家族ががんになりました(法研)」、
「遺族外来(河出書房新社)」大西秀樹, 石田真弓 & 棚橋伊織 (2015). 遺族ケア. 精神神経学雑誌, 117(12), 995-1001. 大西秀樹, 石田真弓, 棚橋伊織 & 遠山啓亮 (2015). 死別体験とうつ病. 臨床精神医学, 44(4), 473-477.


グリーフケアについてのコメント
死別は人生の中で最も辛い出来事の1つで死亡率上昇、うつ病有病率上昇等、 さまざまな負の影響もめられますが、周囲の理解が得られず苦しんでいる人も少なくありません。 社会全般が遺族の辛さを認識し、適切な対応が出来るようになることを願っています。

一覧にもどる