講師・カウンセラー紹介
  • 協会からのお知らせ
  • 図書室
  • アクセス
  • リンク集
  • 周辺観光

講師・カウンセラー紹介  詳細

杉山 孝博
杉山 孝博
■プロフィール

川崎幸クリニック 院長
公益社団法人認知症の人と家族の会副代表理事、神奈川県支部代表
公益社団法人日本認知症グループホーム協会顧問
公益財団法人さわやか福祉財団評議員


略歴
1973年 東京大学医学部医学科卒
1975年 地域医療に取り組もうと考えて、川崎幸病院に内科医として勤務
1987年 川崎幸病院副院長に就任
1998年9月川崎幸病院の外来部門を独立させた川崎幸クリニックの院長に就任
1981年から 公益社団法人認知症の人と家族の会の活動に参加し、現在全国本部の副代表理事、神奈川県支部代表。
2002年から 聖マリアンナ医科大学医学部非常勤講師(総合診療科)


主な著書
杉山孝博著「マンガでわかる 認知症の9大法則と1原則」(法研)
杉山孝博監修「認知症の人の不可解な行動がわかる本」(講談社)
杉山孝博監修「認知症の人のつらい気持ちがわかる本」(講談社)
杉山孝博著「イラストでわかる 高齢者のからだと病気」中央法規
杉山孝博著「介護職・家族のためのターミナルケア入門」(雲母書房)


取り組み
1977年以降、血友病の自己注射・在宅酸素療法・家庭透析・在宅腹膜透析・在宅人工呼吸器療法などに取り組み、 どのような疾患・障害があっても安心して住み慣れた地域で生活できるための在宅医療にとり組んできました。 また、1974年から訪問診療を開始して第1例目から自宅で看取り、 これまで数えきれないほどの患者を在宅・施設で看取ってきました。
1961年から認知症の人と家族の会の活動に関わりましたが、 神奈川県支部では、2013年から「ターミナルから看取った介護家族のつどい」を年3回開催して、 看取った人・看取りを控えている人の交流の場を持っています。 「介護・看護専門職のためのターミナルケア研修講座」(5時間講座)を全国各地で開催しています。

一覧にもどる