グリーフケアスクール
  • 協会からのお知らせ
  • 図書室
  • アクセス
  • リンク集
  • 周辺観光

葬儀従事者さま向け カリキュラム・スケジュール

初級(葬儀従事者さま向け)

■カリキュラム

わかっていたつもりの遺族対応。
自分自身のこれまでの対応がそれでよかったのか、まず気づくことから始める2日間です。

グリーフケアとは、特別なケアではありません。遺族と関わる際の誠実さや温もりが、結果的にケアになります。ただ、遺族に伝わらなければ意味がなく、自分なりの優しさや配慮が遺族を傷つけることもあります。
初級では、どう関わればケアになるのか、基礎知識と基本的姿勢について学びます。講師は、心理カウンセラーと遺族会代表の2名。遺族と関わってきた数多くの体験談をベースに、具体的にアドバイスを行います。また、自分自身のケアについても触れ、バランスよく関わる大切さを理解します。支援者としての視点、遺族としての視点、両面からの学びはグリーフケアを学んだことのある貴方にも、必ず気付きがあります。

初級
2日間の講義です。受講する曜日によって、講師カリキュラムが異なります。
※講師及びテーマ変更があり得ますのでご了承ください。
スケジュール詳細は下記「■スケジュール」をご覧ください

内容
樋口 愛峰 心理カウンセラーであるまえにひととして大切にしていることがあります。生きることそして「死」について共に語り合うことのできる場から生まれる本来のひとの持つ力です。受講者の方々と一緒にひとりのひととして立ちかえるような時間になればと思います。グリーフケアを知ることはかけがえのない人生をより豊かなものにしてくれるのではないでしょうか。グリーフケアのまなざしを感じていただく機会になることを願い共に学ぶ場にいたしましょう。

・私のグリーフ:
グリーフ・悲嘆について自分のことを知るワーク自分そして他者のグリーフの共有

・グリーフケア:
-グリーフケア原論-グリーフはいつからそしてどこまで続くのか、講師の経験も踏まえて

・絵本から学ぶ:
講師による絵本朗読〜絵本から知るご遺族の気持ち
多様化する現代社会における死生観の構築とつながる、死別への思い込みを感じる

・傾聴:
分かち合う場の創造のために大切なこと

・バーンアウトとセルフケア:
自分のセルフケアを知るワーク・本日のふり返り
坂下 裕子
  • .哀蝓璽佞鰺解する想像力の開拓
  • △錣燭啓身の体験
  • 0簑欧伴囲とのズレ 言葉の働きを中心に
  • ぐ簑欧必要とする配慮 当事者の声から
  • ァ屬葬式」に対する思い 遺族アンケートから
  • Ω渋紊隆納茲 病院でのケア
  • Д哀蝓璽侫吋△砲弔覆る日頃からから心がけたいこと

↑ページトップに戻る

■スケジュール・担当講師

初級
 授業時間 10:00〜17:00
 以下の期から選択してください。

コース 第1回
樋口
(火)
第2回
坂下
(水)
初級編
(2日間)
第72期 4/234/24
第73期 5/215/22
追加期5月 5/27(月)5/28(火)
第74期 6/256/26
第75期 7/237/24
追加期8月 8/26(月)坂下8/27(火)樋口
第76期 9/249/25
  • ※講師については止むを得ず変更ありますことご了承ください。
    お仕事のご都合等でスケジュール通りに受講が難しい場合は、別の期で受講調整させていただきます。 受講日程はできるだけご希望に沿うよう調整いたしますので協会事務局までご相談ください。
  • ※少人数授業となっております。既に定員を満たしている場合はご希望に添えない場合もございますので予めご了承ください。

↑ページトップに戻る

ご不明な点がございましたら、ホームページのお問い合わせフォーム又はお電話にてお問い合わせください。

電話番号:075-741-7114(代表)
営業時間:10:00〜17:00