グリーフケアセミナー
  • 協会からのお知らせ
  • 図書室
  • アクセス
  • リンク集
  • 周辺観光

グリーフケアセミナー スケジュール・料金

公開講座 2019年度 第1回 看取りに関る全職 向け 日程  2019年7/21(日)
※看取りに関る全職向け

【講師】
松田 美智子
天理大学 人間学部 社会福祉学科 教授
>>講師詳細
-----------------------------------------------------
【テーマ】
介護人材の離職をストップさせるための
メンタルヘルス支援

-----------------------------------------------------
【概要】
高齢者介護福祉分野で従事する介護人材の人手不足は深刻で、スタッフの定着やキャリア形成が上手くいかないという課題を抱えています。認知症ケアや利用者とその家族、多職種連携における関係者とのやり取りでは、相談員や介護職員は感情労働を行っている実態があります。放置しておくと対人援助職ならではの共感疲労やストレスが蓄積しバーンアウトしてしまいます。
本講座では、高齢者介護福祉分野で従事する対人援助職者への調査研究から分かってきたストレスの構造を提示し、その軽減策について提案し一緒に考えます。また、ストレスを乗り越える方策として各自のレジリエンス(回復力)を高める方法についてもレクチャーします。実際にその時点での参加者のストレスやレジリエンスの状況を『支援ツール』を活用して自己チェックして頂き、自己の現状と具体的な対応策について考えるという演習も実施いたします。
介護人材は様々な疲弊を抱えています。ケアを提供する介護人材ほど最もケアされるべき存在であると言い換えることもできます。介護する人が心身ともに安寧な状態であれば、良いケアサービスが提供できます。労働条件等ハード面からの対応策と共にストレスマネジメントやメンタルヘルスを適正に維持し、介護人材のキャリア形成についてソフト面からの支援について考えていきます。管理者や管理職の方も、是非ご参加頂きたいと思います。


-----------------------------------------------------
【日時】
2019年7/21(日)13:00〜17:00
-----------------------------------------------------
【場所】
京都グリーフケア協会
〒600-8132
京都府京都市下京区下二之宮町420番地
-----------------------------------------------------
【定員】
10人
-----------------------------------------------------
【受講料】
10,000円(税込)



公開講座 2019年度 第2回 看護師・助産師向け 日程  2019年8/25(日)
※看護師・助産師向け

【講師】
坂下 裕子
こども遺族の会「小さないのち」代表
>>講師詳細
-----------------------------------------------------
【テーマ】
産科・NICUで深い悲しみを支えるかかわり

-----------------------------------------------------
【概要】
周産期特有のグリーフがあり、そのかかわりについて、文献や体験者の声をもとに考えます。また、ケアには温かい言葉によるコミュニケーションが大切ですが、言葉が存在しないから心がより通い合うような場面も存在します。これら両方について考え、非言語によるケアの1つとして、誰にでも縫える産着を作成します。(材料はすべてご用意致します。)

-----------------------------------------------------
【日時】
2019年8/25(日)13:00〜17:00
-----------------------------------------------------
【場所】
京都グリーフケア協会
〒600-8132
京都府京都市下京区下二之宮町420番地
-----------------------------------------------------
【定員】
10人
-----------------------------------------------------
【受講料】
10,000円(税込)



公開講座 2019年度 第3回 看取りに関る全職向け 日程  2019年9/15(日)
※看取りに関る全職向け向け

【講師】
上山崎 悦代
兵庫医療大学 共通教育センター 講師
>>講師詳細
-----------------------------------------------------
【テーマ】
多職種で支える終末期・看取りのケア
−カンファレンスを活用した多職種連携−

-----------------------------------------------------
【概要】
さいごの最期までその人らしい生を支え,よりよい看取りケアを実践する…それはとても大切なことであり,同時に,とても難しいことかもしれません.
終末期・看取り期のケアでは,多様な価値観の交流が図られます.そのため,複数の専門職で構成されるチームでご本人やご家族を支えることが必要であり,円滑な多職種連携は,より良いケアを展開するうえで不可欠と言えます.しかし,これほど多職種連携が強調されているにも関わらず,実はそれが容易ではないことも指摘されています.
今回の講座では,カンファレンスの手法などを活用しながら,終末期・看取り期のケアにおける多職種連携を考えます.実際のカンファレンスの進め方や活用方法,臨床現場への応用について,実践に即して学びます.
-----------------------------------------------------
【日時】
2019年9/15(日)13:00〜17:00
-----------------------------------------------------
【場所】
京都グリーフケア協会
〒600-8132
京都府京都市下京区下二之宮町420番地
-----------------------------------------------------
【定員】
10人
-----------------------------------------------------
【受講料】
10,000円(税込)



公開講座 2019年度 第4回 看護師・助産師向け 日程  2019年10/27(日)
※看護師・助産師向け

【講師】
茎津 智子
京都光華女子大学 健康科学部看護学科 教授
>>講師詳細
-----------------------------------------------------
【テーマ】
子どもの死の理解とグリーフケア

-----------------------------------------------------
【概要】
子どもはどのように死を理解しているのかという点から出発して、子どもにとっての喪失・悲嘆・グリーフケアについて理解を深めていきます。事例や実践などを取り入れて考えていきたいと思っています。
-----------------------------------------------------
【日時】
2019年10/27(日)13:00〜17:00
-----------------------------------------------------
【場所】
京都グリーフケア協会
〒600-8132
京都府京都市下京区下二之宮町420番地
-----------------------------------------------------
【定員】
10人
-----------------------------------------------------
【受講料】
10,000円(税込)



公開講座 2019年度 第5回 看護師・助産師向け 日程  2019年12/8(日)
※看護師・助産師向け

【講師】
坂下 裕子
こども遺族の会「小さないのち」代表
>>講師詳細
-----------------------------------------------------
【テーマ】
医療スタッフが行う遺族会の進め方・
グリーフケアのためのプログラム

-----------------------------------------------------
【概要】
院内で遺族ケアを行いたいが、やり方がよくわからないために踏み切れないという声が聞かれるようになりました。そこで、グリーフケア「概論」に続いて実践例を3つ取り上げます。1. 遺族が退院する時 再訪した際の対応 /2. 院内における「わかちあい」/3. 遺族参加型ケアプログラム DVD(いずれもご遺族了解のもと撮影)や実際に用いた素材を使って行います。
-----------------------------------------------------
【日時】
2019年12/8(日)13:00〜17:00
-----------------------------------------------------
【場所】
京都グリーフケア協会
〒600-8132
京都府京都市下京区下二之宮町420番地
-----------------------------------------------------
【定員】
10人
-----------------------------------------------------
【受講料】
10,000円(税込)



公開講座 2019年度 第6回 看護師・助産師向け 日程  2020年2/16(日)
※看護師・助産師向け

【講師】
河瀬 雅紀
京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 心理学科 教授医学博士 / 精神科医
>>講師詳細
-----------------------------------------------------
【テーマ】
看護師自身のグリーフと
自己効力感・セルフケア

-----------------------------------------------------
【概要】
人との出会いが深まるとそれだけ喪失は大きなものとして体験されます。遺族に接するときには出来ることでも、我がごととなると事態は簡単ではなくなります。ケアに関わった人を亡くす体験をどのようにしたら自己のなかで抱えていけるか、「感じること」をキーワードに考えていきたいと思います。
-----------------------------------------------------
【日時】
2020年2/16(日)13:00〜17:00
-----------------------------------------------------
【場所】
京都グリーフケア協会
〒600-8132
京都府京都市下京区下二之宮町420番地
-----------------------------------------------------
【定員】
10人
-----------------------------------------------------
【受講料】
10,000円(税込)



公開講座 2019年度 第7回 葬儀従事者向け 日程  2020年4/26(日)
※葬儀従事者向け

【講師】
宿原 寿美子
株式会社キュア・エッセンス 代表取締役 (Restorative Artist/復元師) 一般社団法人 ラポートケア協会 代表理事
>>講師詳細
-----------------------------------------------------
【テーマ】
葬儀従事者としてグリーフケアに繋がる死後処置
※実演あり

-----------------------------------------------------
【概要】
皆さんはグリーフケアについてどのように考えているでしょうか。死化粧師として実際の現場で感じてきたことは、人の亡くなり方は実に様々で、ご遺族の方々が大切な人を亡くされた悲嘆の状態もひとり一人違うということです。そのように様々な状況がある現場で葬儀に従事する者として、状況を読める力や、ご遺族の方がどういった気持ちを抱えているのかを引き出す力というものが、よりよいグリーフケアに繋がると思っています。葬儀従事者にとって亡くなった方の死後処置やメイク・納棺の時間がその後のご家族の心理的状況に如何に影響するのか?私たちがすべきことはその全部の気持ちを無条件に受け止めること。それが例え自分の理解を超えていても、異なる価値観でもアドバイスをすることなく、励ますことなくグリーフの歩みに合わせて伴走することです。その時間を共有出来るのは、処置やメイク・納棺の時間です。今一度皆さんとその大切な時間について、お話ししていきたいと思います。

-----------------------------------------------------
【日時】
2020年4/26(日)13:00〜17:00
-----------------------------------------------------
【場所】
京都グリーフケア協会
〒600-8132
京都府京都市下京区下二之宮町420番地
-----------------------------------------------------
【定員】
10人
-----------------------------------------------------
【受講料】
21,600円(税込)



公開セミナー 2019年度 第1回 看護師・助産師向け 日程  2019年6/9(日)
※看護師・助産師向け

【講師】
宿原 寿美子
株式会社キュア・エッセンス 代表取締役
(Restorative Artist/復元師)
一般社団法人 ラポートケア協会 代表理事

>>講師詳細
-----------------------------------------------------
【テーマ】
看取りにおけるグリーフケアに繋がるエンゼルケア
-----------------------------------------------------
【概要】
患者さんや、そのご家族と生前築いた信頼関係を、看取り後のケアに更に繋げていく事が、遺されたご家族のグリーフケアに繋がると思っています。何故なら、皆さんは生前のその方を知っているから。また、信頼があるからこそ聞けないご家族の気持ちがある事も理解する事が大切だと思います。限られた時間の中でのエンゼルケアは携わる方にとっても大変だと思いますが生前をわかっているからこそのケアが、その後のご家族のグリーフにも影響があります。最後まで信頼のケアを皆さんと共に考えお伝えしていきたいと思います。


-----------------------------------------------------
【日時】
2019年6/9(日)
13:00〜17:00
-----------------------------------------------------
【場所】
京都グリーフケア協会
〒600-8132
京都府京都市下京区下二之宮町420番地
-----------------------------------------------------
【定員】
先着24名
-----------------------------------------------------
【受講料】
10,000円(税込)



公開セミナー 2019年度 第2回 看護師・助産師向け 日程  2019年8/4(日)
※看護師・助産師向け

【講師】
山勢 善江
前 日本赤十字九州国際看護大学 教授
>>講師詳細
-----------------------------------------------------
【テーマ】
救急・集中ケア領域における終末期看護について
-----------------------------------------------------
【概要】
救急医療において、第一義的使命は救命である。しかし、あらゆる手を尽くしても救い得ない命があることも事実である。特に、救急医療を受ける患者の終末期は、予期せぬ出来事の結果であることが少なくない。このため、患者が意思表示することも、家族がその意思を推定することもできないことがある。このような場面に立ち会い、患者や家族の最も近くで彼らに関わることができる看護師の役割は大きいと考える。日本救急看護学会と日本クリティカルケア看護学会では2学会合同「救急・集中ケア領域における終末期看護プラクティスガイド」(2019年)を作成した。この内容を踏まえ、救急患者や集中ケアを受ける患者とその家族へのケアおよびグリーフケアについて共に考える。

-----------------------------------------------------
【日時】
2019年8/4(日)
13:00〜17:00
-----------------------------------------------------
【場所】
知恩院 和順会館
〒605-0062
京都府京都市東山区林下町400-2
-----------------------------------------------------
【定員】
先着24名
-----------------------------------------------------
【受講料】
10,000円(税込)



公開セミナー 2019年度 第3回 看護師・助産師向け 日程  2019年10/13(日)
※看護師・助産師向け

【講師】
小野 若菜子
聖路加国際大学 大学院 看護学研究科 在宅看護学 准教授
>>講師詳細
-----------------------------------------------------
【テーマ】
看護職が行うグリーフケア:思いやりのあるまちづくりを目指して
-----------------------------------------------------
【概要】
遺族の病気を予防し、健康な生活を維持していくためにもグリーフケアは重要です。しかし、日本のグリーフケアは、一般的とはいえず、一部の施設やグループ活動等に留まっています。看護師が行うグリーフケアは、患者の生前から、臨終時、看取り後まで継続的に関わることができるという特徴があります。こうした特徴を生かして、看護師がグリーフケアの知識や意識を持つことで、広く様々な場において、よりよいグリーフケアにつながるのではないでしょうか。
そこで本セミナーでは、講義やディスカッションを通して、死別やグリーフケアについての理解を深め、個人への支援だけではなく、グループや地域への働きかけについても、これからの未来に何ができるか考えてみたいと思います。病院や施設、在宅や地域で働く看護師、保健師の方々等のご参加をお待ちしています。

-----------------------------------------------------
【日時】
2019年10/13(日)
13:00〜17:00
-----------------------------------------------------
【場所】
知恩院 和順会館
〒605-0062
京都府京都市東山区林下町400-2
-----------------------------------------------------
【定員】
先着24名
-----------------------------------------------------
【受講料】
10,000円(税込)



公開セミナー 2019年度 第4回 看護師・助産師向け 日程  2019年11/10(日)
※看護師・助産師向け

【講師】
沼野 尚美
宝塚市立病院 緩和ケア病棟 チャプレン・カウンセラー
>>講師詳細
-----------------------------------------------------
【テーマ】
グリーフを小さくするための事前ケア
-----------------------------------------------------
【概要】
死亡という形でケースが終わった後、遺族にグリーフケアを提供することは、現場ではきわめて難しいです。そして死亡後に待つ遺された者の後悔や悲しみ、嘆きは、なかなか癒されることは困難です。医療者にとっても、家族にとっても、病める人を失う前に、やがて訪れるグリーフをできるだけ小さくするために、事前の心得、コミュニケーションのとり方、事前の家族ケアについて、ともに考えたいと思います。
-----------------------------------------------------
【日時】
2019年11/10(日)
13:00〜16:20
-----------------------------------------------------
【場所】
知恩院 和順会館
〒605-0062
京都府京都市東山区林下町400-2
-----------------------------------------------------
【定員】
先着24名
-----------------------------------------------------
【受講料】
10,000円(税込)



公開セミナー 2019年度 第5回 看取りに関る全職向け 向け 日程  020年1/26(日)
※看取りに関る全職向け 向け
(2部制)

■第1部(13:00〜14:55)
【講師】
瀬藤 乃理子
甲南女子大学 看護リハビリテーション学部 准教授
-----------------------------------------------------
【テーマ】
「あいまいな喪失」をかかえる認知症患者家族のストレスとその支援
-----------------------------------------------------
【概要】
「あいまいな喪失」は、アメリカのPauline Boss博士が提唱している家族支援の考え方で、東日本大震災以降、日本でも非常に注目されています。家族が行方不明の時、家族の認知症が進行する時など、喪失が不確実でいつ終わるかもわからない状況にあることを、Boss博士は「あいまいな喪失」と名づけました。あいまいな喪失は、その悲しみが周囲に理解されにくかったり、家族関係がぎくしゃくしたりすることで、「死別」などの明確な喪失よりも苦悩が大きい場合が少なくないと、Boss博士は述べています。今回の講座では、多くのストレスをかかえる認知症患者のご家族の支援について、Boss博士の「あいまいな喪失」の理論と介入方法を通して考えてみたいと思います。

-----------------------------------------------------

■第2部(15:05〜17:00)
【講師】(左写真)
荒牧 敦子
公益社団法人 認知症の人と家族の会京都府支部 代表

>>講師詳細
-----------------------------------------------------
【テーマ】
失うことから残りの人生を再構築する
〜介護が終わっても人生は続く!〜

-----------------------------------------------------
【概要】
20年間の介護生活では義母は老人病院で、両親は在宅で、夫は総合病院で、と様々な看取りを体験しました。介護の場面で介護者として求められる決断をしながら、看取りの場面では人としての葛藤を感じ、 いずれ「死」を受け入れざるを得ないという現実、 昨日まで私を必要としてきた家族が居なくなるということをどのように自分自身に納得させればいいのか、大切な人を失っても私は生き続けていかなければいけない。自分がいずれ「死」を迎えるとき、残る者にこれは自然の摂理だと思ってもらえるように、今をどう生きればいいのかを模索しています。今講演では、自分が体験の中で考えたことなどを主にお伝え出来ればと思います。

-----------------------------------------------------


【日時】
2020年1/26(日)
13:00〜17:00
-----------------------------------------------------
【場所】
知恩院 和順会館
〒605-0062
京都府京都市東山区林下町400-2
-----------------------------------------------------
【定員】
先着24名
-----------------------------------------------------
【受講料】
10,000円(税込)