グリーフケアセミナー
  • 協会からのお知らせ
  • 図書室
  • アクセス
  • リンク集
  • 周辺観光

グリーフケアセミナー スケジュール・料金

公開講座 2018年度 第5回 日程  2018年12/2(日)
※看護師・助産師さま向け

【講師】
坂下 裕子
こども遺族の会「小さないのち」代表
宝塚大学 助産学専攻科 非常勤講師
上智大学グリーフケア研究所 非常勤講師
慶応義塾大学看護医療学部 非常勤講師
>>講師詳細
-----------------------------------------------------
【テーマ】
医療スタッフが行う遺族会の進め方・
グリーフケアのためのプログラム
-----------------------------------------------------
【概要】
院内で遺族ケアを行いたいが、やり方がよくわからないために踏み切れないという声が聞かれるようになりました。そこで、グリーフケア「概論」に続いて実践例を3つ取り上げます。 
1. 遺族が退院する時 再訪した際の対応  
2. 院内における「わかちあい」
3. 遺族参加型ケアプログラム
DVD(いずれもご遺族了解のもと撮影)や実際に用いた素材を使って行います。
-----------------------------------------------------
【日時】
2018年12/2(日)
13:00〜17:00
-----------------------------------------------------
【場所】
京都グリーフケア協会
〒600-8132
京都府京都市下京区下二之宮町420番地
-----------------------------------------------------
【定員】
10人
-----------------------------------------------------
【受講料】
10,000円(税込)



公開講座 2018年度 第6回 日程  2019年1/27(日)
※看護師・助産師さま向け

【講師】
茎津 智子
京都光華女子大学 健康科学部看護学科 教授
>>講師詳細
-----------------------------------------------------
【テーマ】
子どもの死の理解とグリーフケア

-----------------------------------------------------
【概要】
子どもはどのように死を理解しているのかという点から出発して、子どもにとっての喪失・悲嘆・グリーフケアについて理解を深めていきます。事例や実践などを取り入れて考えていきたいと思っています。
-----------------------------------------------------
【日時】
2019年1/27(日)
13:00〜17:00
-----------------------------------------------------
【場所】
京都グリーフケア協会
〒600-8132
京都府京都市下京区下二之宮町420番地
-----------------------------------------------------
【定員】
10人
-----------------------------------------------------
【受講料】
10,000円(税込)



公開講座 2018年度 第7回 日程  2019年2/17(日)
※看護師・助産師さま向け

【講師】
河瀬 雅紀
京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 心理学科 教授精神科医
>>講師詳細
-----------------------------------------------------
【テーマ】
看護師自身のグリーフと自己効力感・セルフケア
-----------------------------------------------------
【概要】
人との出会いが深まるとそれだけ喪失は大きなものとして体験されます。遺族に接するときには出来ることでも、我がごととなると事態は簡単ではなくなります。ケアに関わった人を亡くす体験をどのようにしたら自己のなかで抱えていけるか、「感じること」をキーワードに考えていきたいと思います。
-----------------------------------------------------
【日時】
2019年2/17(日)
13:00〜17:00
-----------------------------------------------------
【場所】
京都グリーフケア協会
〒600-8132
京都府京都市下京区下二之宮町420番地
-----------------------------------------------------
【定員】
10人
-----------------------------------------------------
【受講料】
10,000円(税込)



公開セミナー 2018年度 第4回 看護師・介護福祉従事者さま向け 日程  2018年9/23(日)
※看護師・介護福祉従事者さま向け
(2部制)

■第1部(13:00〜14:55)
【講師】
瀬藤 乃理子
甲南女子大学 看護リハビリテーション学部 准教授
-----------------------------------------------------
【テーマ】
「あいまいな喪失」をかかえる認知症患者家族のストレスとその支援
-----------------------------------------------------
【概要】
「あいまいな喪失」は、アメリカのPauline Boss博士が提唱している家族支援の考え方で、東日本大震災以降、日本でも非常に注目されています。家族が行方不明の時、家族の認知症が進行する時など、喪失が不確実でいつ終わるかもわからない状況にあることを、Boss博士は「あいまいな喪失」と名づけました。あいまいな喪失は、その悲しみが周囲に理解されにくかったり、家族関係がぎくしゃくしたりすることで、「死別」などの明確な喪失よりも苦悩が大きい場合が少なくないと、Boss博士は述べています。今回の講座では、多くのストレスをかかえる認知症患者のご家族の支援について、Boss博士の「あいまいな喪失」の理論と介入方法を通して考えてみたいと思います。

-----------------------------------------------------

■第2部(15:05〜17:00)
【講師】(左写真)
荒牧 敦子
公益社団法人 認知症の人と家族の会京都府支部 代表

>>講師詳細
-----------------------------------------------------
【テーマ】
失うことから残りの人生を再構築する
〜介護が終わっても人生は続く!〜

-----------------------------------------------------
【概要】
20年間の介護生活では義母は老人病院で、両親は在宅で、夫は総合病院で、と様々な看取りを体験しました。介護の場面で介護者として求められる決断をしながら、看取りの場面では人としての葛藤を感じ、 いずれ「死」を受け入れざるを得ないという現実、 昨日まで私を必要としてきた家族が居なくなるということをどのように自分自身に納得させればいいのか、大切な人を失っても私は生き続けていかなければいけない。自分がいずれ「死」を迎えるとき、残る者にこれは自然の摂理だと思ってもらえるように、今をどう生きればいいのかを模索しています。今講演では、自分が体験の中で考えたことなどを主にお伝え出来ればと思います。

-----------------------------------------------------


【日時】
2018年9/23(日)
13:00〜17:00
-----------------------------------------------------
【場所】
知恩院 和順会館
〒605-0062
京都府京都市東山区林下町400-2
-----------------------------------------------------
【定員】
先着24名
-----------------------------------------------------
【受講料】
10,000円(税込)



公開セミナー2018年度 第5回 葬儀従事者さま向け 日程  2018年10/7(日)
※葬儀従事者さま向け

【講師】
宿原 寿美子
株式会社キュア・エッセンス 代表取締役(Restorative Artist/復元師)
一般社団法人 ラポートケア協会 代表理事
>>講師詳細
-----------------------------------------------------
【テーマ】
葬儀従事者としてグリーフケアに繋がる死後処置
-----------------------------------------------------
【概要】
皆さんはグリーフケアについて、どのように考えているでしょうか。
死化粧師として実際の現場で感じてきたことは、人の亡くなり方は実に様々で、ご遺
族の方々が大切な人を亡くされた悲嘆の状態もひとり一人違うということです。
そのように様々な状況がある現場で葬儀に従事する者として、状況を読める力や、ご
遺族の方がどういった気持ちを抱えているのかを引き出す力というものがよりよいグ
リーフケアに繋がると思っています。

葬儀従事者にとって亡くなった方の死後処置やメイク・納棺の時間がその後のご家族
の心理的状況に如何に影響するのか?私たちがすべきことはその全部の気持ちを無条
件に受け止めること。
それが例え自分の理解を超えていても、異なる価値観でもアドバイスをすることな
く、励ますことなくグリーフの歩みに合わせて伴走することです。
その時間を共有出来るのは、処置やメイク・納棺の時間です。
今一度皆さんとその大切な時間についてお話ししていきたいと思います。
-----------------------------------------------------
【日時】
2018年10/7(日)(日)13:00〜17:00
-----------------------------------------------------
【場所】
知恩院 和順会館
〒605-0062
京都府京都市東山区林下町400-2
-----------------------------------------------------
【定員】
先着24名
-----------------------------------------------------
【受講料】
21,600円(税込)



公開セミナー 2018年度 第6回 日程  2018年11/11(日)
※看護師・助産師さま向け

【講師】
沼野 尚美
宝塚市立病院 緩和ケア病棟 チャプレン・カウンセラー
>>講師詳細
-----------------------------------------------------
【テーマ】
グリーフを小さくするための事前ケア
-----------------------------------------------------
【概要】
死亡という形でケースが終わった後、遺族にグリーフケアを提供することは、現場ではきわめて難しいです。そして死亡後に待つ遺された者の後悔や悲しみ、嘆きは、なかなか癒されることは困難です。医療者にとっても、家族にとっても、病める人を失う前に、やがて訪れるグリーフをできるだけ小さくするために、事前の心得、コミュニケーションのとり方、事前の家族ケアについて、ともに考えたいと思います。

-----------------------------------------------------
【日時】
2018年11/11(日)
13:00〜16:20
-----------------------------------------------------
【場所】
知恩院 和順会館
〒605-0062
京都府京都市東山区林下町400-2
-----------------------------------------------------
【定員】
先着24名
-----------------------------------------------------
【受講料】
10,000円(税込)



公開セミナー 2018年度 第7回 日程  2019年3/10(日)
※看護師・助産師さま向け

【講師】
杉山 孝博
川崎幸クリニック 院長
公益社団法人 認知症の人と家族の会 副代表理事
神奈川県支部代表
公益社団法人 日本認知症グループホーム協会顧問
公益財団法人さわやか福祉財団評議員

>>講師詳細
-----------------------------------------------------
【テーマ】
在宅および施設におけるターミナルケアと家族支援
-----------------------------------------------------
【概要】
近年、高齢になってから亡くなる人が増えて、高齢多死社会になりました。高齢者が利用する病院・施設・グループホームなど、どこでもターミナルケアに関わらざるを得ない状況になりました。穏やかで、本人・家族が納得できるターミナルケアが行われるかどうかが、残された者の嘆きを軽くする最も重要な要因であると思っています。40年にわたる在宅医療・認知症ケアの私の経験を通してグリーフケアを考えてみたいと思います。

-----------------------------------------------------
【日時】
2019年3/10(日)
13:00〜17:00
-----------------------------------------------------
【場所】
知恩院 和順会館
〒605-0062
京都府京都市東山区林下町400-2
-----------------------------------------------------
【定員】
先着24名
-----------------------------------------------------
【受講料】
10,000円(税込)



グリーフケアシンポジウム参加者限定 特別講座 日程  2018年10/21(日)
※グリーフケアシンポジウム参加者限定

【講師】
坂下 裕子
こども遺族の会「小さないのち」代表
宝塚大学 助産学専攻科 非常勤講師
上智大学グリーフケア研究所 非常勤講師
慶応義塾大学看護医療学部 非常勤講師
>>講師詳細

-----------------------------------------------------
【テーマ】
グリーフとは・グリーフケアとは
-----------------------------------------------------
【概要】
当日はグリーフケアスクールで私が受け持つ12時間の授業の一部と、本セミナーのために準備した内容を用います。まず、グリーフはどんな感覚か?体感的なワークから入ります。次に、多くの患者・家族・遺族が直面する対人的な快・不快を挙げ、「なぜつらかったのか」「なぜ嬉しかったのか」、その理由を考えます。そしてグリーフケアの基本、話の「聞き方」についていろんな角度から考え、最後に、遺族会で行う遺族向けのワークを紹介します。

-----------------------------------------------------
【日時】
2018年10/21(日)
13:00〜15:30
-----------------------------------------------------
【場所】
知恩院 和順会館
〒605-0062
京都府京都市東山区林下町400-2
-----------------------------------------------------
【定員】
先着24名
-----------------------------------------------------
【受講料】
4,000円(税込)