グリーフケアスクール
  • 協会からのお知らせ
  • 図書室
  • アクセス
  • リンク集
  • 周辺観光

看護師・助産師さま向け カリキュラム・スケジュール

上級(看護師・助産師さま向け)

職場での実践を目標にサポートグループの運営方法を学び、必要に応じてグリーフケアの仕組みを導入する力を身につけます。
患者や家族が抱える予期悲嘆へのケアを含め、ロールプレイやグループディスカッション等を交えて深く学びます。


■カリキュラム

上級
月2日間、3カ月の講義です。
※講師及びテーマ変更があり得ますのでご了承ください。
スケジュール詳細は下記「■スケジュール」をご覧ください

内容
関谷 共未 .好團螢船絅▲襯撻ぅ
  • ・スピリチュアルペインとは何か、またそのアセスメントとケアの実際について様々な事例と演習を通して考える。
∧雑性悲嘆の治療としての心理療法
  • ・認知行動療法について学び、援助的コミュニケーションスキルを高める。
齋藤 清二 医療と対人援助におけるナラティブ・アプローチとは、当事者、当事者の家族、支援者、 専門職等のそれぞれが日々経験することをどのように意味づけているかに注目し、 個別の語りを尊重し、物語を共有することによってつながりと連携を生み出すための理論、方法論です。
今回は以下のような内容をワークショップ形式で学びます。

^緡鼎搬仗猶臀におけるナラティブ・アプローチ、特にナラティブ・ベイスト・メディスンについての基礎知識を学びます。
∧胴颯灰蹈鵐咼大学のリタ・シャロン教授によって創設された、 対人援助職の物語能力育成のための教育プログラムである「ナラティブ・メディスン」の一部を体験実習形式で学びます。
梶山 徹 ターミナルケアは,『敗北の医療』などではなく,遺族のその後の人生を変えてしまうほどの影響力を持つ『明日に繋がる医療』です. 基礎級で学んだ悲嘆の知識を基盤として,終末期がん患者を持つ家族に対する(予期)悲嘆へのケアを, 症例検討やロールプレイなどを交えて共に学んでいきたいと思います.

死別体験者に寄り添うためには,まず自分の性格を知り,自らの死別体験を整理することが必要ですので, エゴグラムを用いた自我構造分析を受けて貰い,各自の死別体験をレポートして頂きます. スピリチュアルペインや死生観に関する知識も必須となりますので, 簡単に講義します.ラポールを形成するためには相手に合わせたコミュニケーションスキルが大切ですので, 傾聴や沈黙などの支持的精神療法を学んで頂きます. 満足感の高い看取りのためには,事前ケア計画(ACP)を立てて患者家族と医療者が目標を共有することが必要となります. 良質なケアを提供し続けるためにはスタッフケアが欠かせませんので,ストレス・コーピング法やデス・カンファレンスの運営法も紹介します.
坂下 裕子
  • ^簑欧箸梁佻辰醗簑夏瓜里痢屬錣ちあい」について
  • 非言語的コミュニケーションによるケア
  • 「わかちあい」のルール設定・事前説明・進行の仕方
    • ・進行役の役割および心がけること
    • ・始めるとき・進行中・閉じるときの留意点
    • ・困難事例に対する検討
    • ・グループが生み出すちから
  • ぜ分自身のグリーフと向き合う
    • ・理論上のグリーフプロセス
    • ・遺族が描いたグリーフ
    • ・医療者が描いたグリーフ
    • ・自分のグリーフ
興津 真理子 1.大切な人を亡くした時の家族の心理
家族は,単なる個人の総和ではありません。家族独自の風土や関係性をもち,その中で個人は様々な役割を担っています。家族の一人が亡くなると,遺された家族にとっては互いが新たな関係性を築いていく必要が出てきますし,同時に亡くなった方を家族の中でどのような存在として意味づけ,残していくのかという課題も出てきます。
これらについて,事例からそれぞれの家族の立場や思いを考えてみます。 2.家族の在り方とグリーフ過程
家族の在り方によって,グリーフの過程は異なってきます。どのような在り方で,どのようなコミュニケーションがあると家族がグリーフの課題を乗り越えていきやすいのか,それらがない場合に,家族にかかわる者がどのような配慮をしうるのかを,参加者自らの家族の在り方とも結びつけながら,体験的に理解していきます。
岡本 双美子  ^簑臆颪砲ける看護師の役割
主に、遺族会の発展と効果、自助グループとサポートグループについて紹介し、看護師の役割について一緒に考えていきたいと思います。
◆^簑臆颪亮尊
遺族会におけるファシリテーターの役割について紹介し、遺族会におけるやロールプレイ・演習を通してその役割を考えていきたいと思います。
 グリーフケアと看護
看護の中にグリーフケアをどのように根付かせるか一緒に考えていきたいと思います。

↑ページトップに戻る

■スケジュール

 授業時間
 (10:00〜17:00)

コース第1クール第2クール第3クール
第1回
(火)
関谷
第2回
(水)
齋藤
第3回
(火)
梶山
第4回
(水)
坂下
第5回
(金)
興津
第6回
(土)
岡本
上級 第37期 2/20 2/21 3/6 3/7 4/6 4/7
第38期 4/104/115/85/96/86/9
第39期 6/56/67/107/118/1
(水)
8/2
(木)
第40期 8/78/89/119/1210/1210/13未定
  • ※講師については止むを得ず変更ありますことご了承ください。
    お仕事のご都合等でスケジュール通りに受講が難しい場合は、別の期のクールで受講調整させていただきます。 受講日程はできるだけご希望に沿うよう調整いたしますので協会事務局までご相談ください。
  • ※少人数授業となっております。既に定員を満たしている場合はご希望に添えない場合もございますので予めご了承ください。

↑ページトップに戻る

ご不明な点がございましたら、ホームページのお問い合わせフォーム又はお電話にてお問い合わせください。

電話番号:075-741-7114(代表)
営業時間:10:00〜17:00