グリーフケアスクール
  • 協会からのお知らせ
  • 図書室
  • アクセス
  • リンク集
  • 周辺観光

介護・福祉従事者さま向け カリキュラム・スケジュール

new 初級(介護・福祉従事者さま向け)

これからの介護・福祉実務と支援に必要なグリーフケア
〜死を意識した利用者と家族、
    そして介護・福祉従事者自身のために〜

初級ではグリーフ反応の基礎を学びます。
また在宅医療現場での事例を基に、ターミナル期にある様々なグリーフを抱えた高齢者と家族に対してどのように関わればよいのかを学びます。
また、看取りに際して感じる介護・福祉従事者自身のグリーフやストレスを知り、セルフケアの重要性を理解します。
要介護状態の高齢者がQOLを維持しながら、住み慣れた場所で安心して暮らし続けるために、介護・福祉従事者の皆様に何ができるのか、多くの気づきを得ていただけたらと思います。

■カリキュラム

初級
月2日間、1カ月の講義です。(総計2日間)
※講師及びテーマ変更があり得ますのでご了承ください。
スケジュール詳細は下記「■スケジュール」をご覧ください

内容
足利 学 初級では、悲嘆の定義や分類、グリーフワークのプロセス、精神医学の基礎的な知識を講義します。
また大切な人を亡くした後の悲嘆だけではなく、亡くす前、すなわち大切な人の死を意識した時から始まる予期的なグリーフについても学びます。
地域医療・福祉の現場では、住み慣れた場所で利用者様やご家族に安心した生活を送っていただくために、生前からグリーフの観点を意識した関わりが重要です。
この時期にご家族が経験すること(=介護・福祉従事者の関わり)は、利用者様が亡くなった後、ご遺族のグリーフワークに影響することもあります。
また支援する側のこころの自己管理、すなわちセルフケアも欠かせません。
上記テーマに沿いながら、利用者・ご家族とどのように関わればよいのか、コミュニケーションの大切さなどをお話できたらと思います。
白山 宏人 「家で最期まで過ごすということ、それを支えるためには」
在宅の世界に飛び込み、約12年が過ぎました。
たくさんの患者さんやご家族と出会い、自宅で500名以上の患者さんを看取り、 その関わりの中で多くの学び頂きました。
在宅ケアにおいて大切なことは、「家とは生活の場」であり、その生活の場において、 「患者さんやご家族のもつ役割や大切にしている想い、生き方」などを充分に理解し、 患者さんやご家族が自宅で大切な時間を日々重ねていけるよう関わっていくことです。
そのためには施設(病院・治療の場)と在宅(生活の場)という場の違いを意識し、 医療を生活の場に置くのではなく、個々の生活の場にあった医療を計画し、生活支援と医療支援の視点を持つことが必要です。
グリーフケアにおいては、患者さんとご家族が「有意義な人生であった」と感じて頂けるケアも大切な要因になると考えています。
我々ができることや課題について、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

↑ページトップに戻る

■スケジュール

初級
 授業時間(土曜日・日曜日 10:00 〜 17:00)
 

コース 第1回
(土)
第2回
(日)
基礎 第10期 3/10 白山 3/11 足利
第11期 4/21 足利 4/22 白山
第12期 5/12 足利 5/13 白山
第13期 7/28 足利 7/29 白山
第14期 9/1 白山 9/2 足利
  • ※講師については止むを得ず変更ありますことご了承ください。
  • ※お仕事のご都合等でスケジュール通りに受講が難しい場合は、別の期のクールで受講調整させていただきます。 受講日程はできるだけご希望に沿うよう調整いたしますので協会事務局までご相談ください。
  • ※少人数授業となっております。既に定員を満たしている場合はご希望に添えない場合もございますので予めご了承ください。
  • ※1 第8期は講義曜日が異なります。

↑ページトップに戻る

ご不明な点がございましたら、ホームページのお問い合わせフォーム又はお電話にてお問い合わせください。

電話番号:075-741-7114(代表)
営業時間:10:00〜17:00