受講者の声
  • 協会からのお知らせ
  • 図書室
  • アクセス
  • リンク集
  • 周辺観光

受講者の声 介護・福祉従事者コース

受講者の声

高木美緒 様
介護支援専門員・介護福祉士
社会福祉法人某社会福祉事業団
高木美緒 様


 自分にとって大切なものを失うことはとてもつらいことですが、その人がいない人生を生きていくということも、また違う大変さ、生き難さが沢山あると私は思っています。私自身大切な人を失うという、とても辛い経験をしました。
 私がグリーフケアを学ぶきっかけとなったのは、周りの方にかけてもらった言葉や、今まで自分が当たり前だと思っていたことに、疑問をもつようになったからです。 「大切な人を失った私は、不幸なの?」「時間が解決するって、どれくらいかかる?」次々に浮かんでくる私の疑問に、納得できる答えをくれた人はほとんどいませんでした。こんなことばかりを考えてしまう私は、どこかおかしいのではと思ったこともありました。
 色々と調べているうちに、京都グリーフケア協会を知りました。私自身勉強をするなら少人数で、じっくり話が聞ける環境がいいと思っていたので受講することにしました。 受講してみて、講師の先生方の非常に分かりやすい講義を受けるうちに、私の疑問はあっという間に解決し、私自身のグリーフも少し整理することができました。
次に私が思ったことは、今回学んだ事をどう生かしていくか、ということです。グリーフケアというのは失われた命だけでなく、難病や高齢による「生き難さ」に寄り添うケアでもあると私は思います。今思えば、以前は分かっている「つもり」で安易に「気持ち分かります」と口に出してしまったこともあります。
 今は人の気持ちや生き難さを理解することは、簡単にできることではありません。だから、一生懸命話を聞いて、相手のありのままの言葉を受け止めるように心がけるようになりました。すると今まで以上に色んな気持ちを話して下さるようになり、ご利用者様との関わりが深くなったように感じます。グリーフケアを学んで人と関わる上でとても視野が広がり人として成長できたと感じているので、今後も勉強していきたいと思っています。



受講者の声トップにもどる | 受講者の声 介護・福祉従事者コース一覧にもどる