受講者の声
  • 協会からのお知らせ
  • 図書室
  • アクセス
  • リンク集
  • 周辺観光

受講者の声 介護・福祉従事者コース

受講者の声

木下 緑 様
鍼灸きのした
院長
鍼灸師
木下 緑 様


 私が『グリーフ』という言葉を初めて知ったのは、夫を失くして1年と少し経った頃でした。2時間ほどの勉強会にお声をかけていただき、初めて自分が「今まさにケアを必要としている状態」であることを理解しました。揺れ動きながらいつか納得できる日が来る、だから今はこの気持ちでいい、と教えてもらったあの日に得た、ひとりぼっちの底なし沼から助け出されたような安心感は4年経った今も鮮明に思い出します。

 その後、『もっとちゃんと知りたい』という気持ちから、単回や複数回のセミナーに参加しましたが、どこか満足できませんでした。そして学ぶ方法を調べるうちに行き着いたのがこの京都グリーフケア協会のグリーフケアスクールでした。

 先生方のお話はあるいは理論的、あるいは実践的でありましたが、どの先生もどんな質問にも丁寧に考え方を示してくださるので、家に帰ってから「今日はつい調子に乗って的外れなことに時間をとらせてしまった」と反省するばかりでした。

 鍼灸師は施術中もベッドサイドを離れることが少ないので、身体のことはもちろん、家族のこと、仕事のことをおしゃべりされる方も多く、私自身のスキルと経験にさらにグリーフケアを活かせば、身体の不調と同時に暗闇をさまようような心にも大きな安心・安楽を得てもらうこともできるのではないかと考えています。また、介護や看護を受けるご本人だけでなく、お世話をされるご家族やスタッフさんたちをも支えられる鍼灸師を目指していますが、私が普段介護や看護の施設内にいるわけではないので、ご自身にこのケアを必要と感じてもらい、その時にいつでも答え、寄り添えるため、またグリーフワークが必要でなくなった後もおつきあいさせていただくためのより良い方法論を模索中です。



受講者の声トップにもどる | 受講者の声 介護・福祉従事者コース一覧にもどる